So-net無料ブログ作成
アフィリエイト収入
前の10件 | -

1497 友よ [詩・エッセイ]

DSC_1905s.JPG

(田園の黄昏)


「友よ」


友よ

もう若くない老いた友よ

我がバッカスの楽園に来たれ

酒でも呑もうではないか


歳月は残酷なものだ

昭和 平成 令和と三代にわたり

うっかり

油断をして生きていたら

瞬きをしている間に喜寿を迎えてしまった


今は

メモリーの時代

若者や子供たちは二十四時間

それを空気のように吸って生きている

若者と老人は

メモリーの水と油の層に遮られ交わることはない


友よ

もう若くない老いた友よ

我がバッカスの楽園に来たれ

酒でも呑もうではないか


バッカスの神々も御照覧あれ


春には

満開の桜の木の下で

花の筵に車座で

盃に花びらを浮かべ

花の酒


夏には

天の川の酒を飲み干して

銀河の果てまで旅をし

盃に星を浮かべ

星の酒


秋には

野も山も谷川も山紫水明のとき

一枚の落ち葉に幽愁をおもい

盃に紅葉を浮かべ

紅葉の酒


冬には

降りしきる雪をかきわけ

枯れ木に火をつけ

盃に焚火を浮かべ

焚火の酒


友よ

もう若くない老いた友よ

限りある時間を華やかに

我とともに

よきバッカスの

美酒を呑もうではないか


汲むほどに

飲むほどに

ものはみな華やいで

ものはみなやすらいでくる


よき友よ

もう若くない老いた友よ

酒を呑もう

夜が明けるまで

酔眼朦朧語り明かして

酒を呑もう






nice!(69)  コメント(14) 

1496 アボカドの樹 [詩・エッセイ]

DSC_0714s.JPG


 (食べた後の実から芽が出て八か月経ったころのアボカドの木)



  「アボカドの樹」


アボカドは、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木で、

別名ワニナシと言うそうである。


今から二年くらい前、

面白半分に食べたばかりのアボカドの実を植木鉢に埋めたら、

一か月も経たないうちに見事な双葉の芽が出て来たのには驚いたものである。


その姿は美しく気品があったので、

まるで恋でもしているかのような顔で眺めつづけたものである。

今では

1メートルを遥かに超える雄姿に育ち私たちを楽しませてくれている。




    

nice!(67)  コメント(18) 

1495 五つの名前 [詩・エッセイ]

DSC_2016s.JPG

(水桶の近くに自然に生えて来たノジギクによく似た花?)



「五つの名前」


人が穏やかに

波風立てずにまあるく生きるのには

五つの名前があるといい

名前が一つだけでは窮屈であり疲れてしまう


一つは

家族の中の私

家族だけのための名前


一つは

学び舎の中の私

学生としてだけの私


一つは

会社の中の私

会社だけのための名前


一つは

社会人の一人としての私

社会人としての名前


一つは

私だけの私

私だけのための私の名前


みんな

それぞれの私がいて それぞれの役目をする

名前は五つあるといい



nice!(80)  コメント(22) 

1494 縄文土器もどき? [詩・エッセイ]


「縄文土器もどき?」

すっかりご無沙汰をしてしまい忘れ去られてしまっているのではないでしょうか?

ご心配をお掛けしましたが脳内出血の方も、

ほぼ完治したと言われましたので農作業の方も従来通り行っておりますのでご安心ください。


復帰一番に遊びの一つとして、、

畑の土の下の粘土層を利用して縄文土器ならぬ素焼きを作ったので、

恥ずかしながら披露したいと思います。


50センチくらい畑の表土を除き、

その下の粘土を掘り出し、乾燥させ、

それを粉々に砕いて選別し、

それを練り上げて成型し、

それを囲炉裏の炭火で焼き上げたのが下記の写真です。



              (縄文土器もどき素焼き?)

DSC_1984s.JPG

nice!(80)  コメント(22) 

「ゴリラの王様」の再挑戦。 [詩・エッセイ]


「童話・ゴリラの王様」の再挑戦


私はこれまで五冊の本を自費出版してきましたが、

その中でたった一冊だけ店頭に並ばなかった作品があります。

それが「童話・ゴリラの王様」でした。


「童話・ゴリラの王様」を読んで頂いた、

産経新聞の朝刊に掲載されている「朝の詩」の選者であられた詩新川和江先生は、

「飽食の時代に育った現代の子供たちに、是非読ませたい本です」

と書いて下さり、

NHK大河ドラマ「太閤記」「源義経」「樅木は残った」などを演出された吉田直哉先生は、

「志の高い傑作の誕生を心からお祝い申し上げます」

と書いて下さいました。

その他の著名人や一般の人たちからも沢山のお褒めのお言葉を頂いております。

そんなに期待していた作品だったのに、

出版元の新風舎が倒産したのを

発売日の一週間前の2008年1月8日朝のNHKニュースで知りました。


 DSC_1534a.JPG


その日は絶望の日となりましたが、

一つだけ好いことがありました。

それは、出版社の倉庫に「童話・ゴリラの王様」が500冊だけ残っていたのです。

私は藁にでも縋り付く思いで、

友人や知り合い、地方自治体の方々や、全国の図書館の方々に葉書や手紙を送り、

「童話・ゴリラの王様」の購入を依頼したのでした。

この世には、

捨てる神があれば、拾ってくれる神も居るものです。

その500冊は

年内に全て完売してしまったのです。


自分の書いた作品のうちでも最も好きな作品でもありますし、

これがまともに店頭に並んでいたなら、

もっと違った運命もあったのではないかと手前勝手なことを思っておりました。

そんな思いは近年ますます強くなり、

あらためて再挑戦をすることを決意をした次第です。


絵を描いて下さった「ひだかきょうこ」さんの賛同もあり、

信頼できる出版社「パブリック・ブレイン」さんのご協力を戴いて、

新しい編集の下に、

新生「ゴリラの王様」を誕生させたいと願っております。


どうか皆様方も、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます










nice!(62)  コメント(12) 

1492 ジムグリ…美少女・天使の使い [詩・エッセイ]


「ジムグリ…美少女・天使の使い」


ジムグリ(地潜)に出会ったのは10月20日(日曜日)の昼下がりだった。

落花生を収穫するため息子(なさぬ仲の40過ぎのオッサン)に畑を掘って貰っていたところ、

「何か変なものが居るという」

きっと蚯蚓の大きいものだと思って探していたら、

蚯蚓より一回り大きいピンク色(茶褐色)の蛇が現われ、

私は思わずその蛇を足で踏んずけていた。

なんと綺麗な蛇なんだろうと見惚れてしまっていた。


息子がすぐにスマホで調べると、ジムグリ(地潜)だと分かった。

後期高齢者の私も、古来稀なる家内も、

生まれた時から惑っている思惑の息子も見たことが無いという。

長さは50センチから60センチくらい。

(成人したら70センチ~100センチくらいあるそうです)

それにしても美しい蛇である。



その紹介によると、

日本に棲んでいるが、なかなかお目に掛かれない蛇だそうです。

ジムグリは日本の固有種で、派手な見た目と可愛い顔で知られていますが、

その姿を見たことがある人はとても少ない珍しい蛇です。

理由は生息数が少ないという事ではなく、その生態にあります。

中略、

ナミヘビ科の特徴として全身は細長く、頭部や腹部の大きさも均一になっています。

体色は背部は赤褐色、腹部は黄褐色、をベースに黒い縞縞模様が入っています。

黒い縞縞模様が入っていない真っ赤な個体もおり、

こちらはアカジムグリとよばれています。

幼体の時ほど赤色がはっきりしており、成長するにつれて黒ずんできます。

中略、

ジムグリは眼を見張るほどの美しさから、、

もっと知名度が高くてもいい蛇だと思いますが、地中に生息しており、

姿を見掛けることがないことから、

同じナミヘビ科の青大将やシマヘビと比べるとあまり知られていません。

見付けることができればとてもラッキーなので、

じっくり観察してください。



私も蛇は嫌いであるが、

このジムグリには魅せられてしまった。

それは美少年か、

それとも絶世の美少女であった。

逃げられないように一升瓶(どうしてこんなところに?)に誘拐してしまった。

「ごめんなさいね、すぐに釈放するからね」という約束だったのに、

医者に行ったり、土砂降りの雨が降ったり、

この畑の小屋に来たのは三日後であった。


朝一番に来たらジムグリの様子がおかしい。

大吟醸の一升瓶は色がついていて中の様子が分かりにくい。

中のジムグリの動きがないように見える。

これはえらいことをした。

これは悪いことをしたと罪悪感に囚われながら、

その言葉を呪文のように唱えながら

ジムグリを一升瓶から出そうと必死になるが塊となって出て来ない。

非常手段だとばかりに一升瓶の喉口を鑢で擦り。

その傷跡をハンマーで叩くと首が折れてくれた。

塊になって出て来たジムグリは暫くはピクリともしなかったが、

時間が経つにつれて動くようになり安心したのだった。


ジムグリに散々謝って好きな所に行ってくださいとお願いしたのに、

中々行こうとしないのである。

見かねて、

棒切れで外のジャガイモ畑から出て行ってくださるようにお願いしたのに、

引き返して来て私を見ているのである。

どうしてなのだろう?

今度は木の葉っぱで蛇の顔を押して、どうぞ行ってくださいと言ったのに、

また引き返してきて私の顔を見ている。

息子も不思議そうに一緒になってそれを見ている。

私はもう一度葉っぱで押し返そうとしたら、

スルスルと私の方に向かってきた。

私は慌てて其処をどいたらジムグリはそのまま小屋の中に入ってきた。

さっきまで一升瓶に入って居にた所にである。

しばらくしたら小屋の何処かに消えてしまった。


まるで童話のような、

まるで民話のような話しである。

嘘と思うかもしれないが、これは一言一語本当の話である。

私の小屋には、

美少女がいる。

いや、この世の者とも思えないような美しい蛇が住んでいる。








nice!(62)  コメント(16) 

1491 転倒騒動記 [詩・エッセイ]


「転倒騒動記」


自分だけは転倒などというみっともない騒動は起こさないだろうと思っていたのに、

朝起きてベッドから降りようとした途端立ち眩みがして

後頭部をしこたま強打してしまった。

大したことはないと思っていたのに顔を洗うのさえ頭を揺らすと痛い。

冬野菜の植え付けが忙しい時期である。

カンカン照りの日中からコンクリートのように硬い畑を鍬で耕す。

周りからは狂気の沙汰と非難される。

であったが、

余りも体調が悪いので掛り付けの医者に行き、

MRIの検査を受けるが異常なしとのこと、

この医者も能天気である。


忙しいので畑作業を続けるが、

それでも頭を揺らすと痛いので、

専門医の脳外科に行って診察を受けると、

脳内に出血しているとのこと、当日なら即入院だったとか、

出血した場所が良かったとのこと、

薬で治療しながら二週間は様子を見るとのこと。

二週間後に行くと、

出血の量が増えているとのこと。

最悪かと思ったら、

今度は三週間様子を見るとのこと。

この医者も能天気だ。


何かあったら直ぐに来いとのことであったが、

良いのか、それとも悪いのか、サッパリ分からない。

おもわず、

これは何じゃと思わず思ってしまった。

最悪の時は、

脳に穴をあけて血を出すとのこと、

この先生もお気楽である?


先生たちは能天気でいいけど、

私は家の嫁さんに拘束されてしまい身動きが取れない、

せめて先生と家の嫁さんを足して

二で割ってほしい。


nice!(67)  コメント(22) 

1490 恥を知らない大人たち [詩・エッセイ]


「恥を知らない大人たち」


50年に一度の、100年に一度の

大雨と大嵐です。

自分の命は自分で守ってください。

それ迄に

聞いた事もないような切羽詰まったアナウンスを

私たちは何度聞いた事だろう


押し寄せる大津波のように深刻さを増す地球温暖化に

私たち大人は、

放っておけば誰かがどうにかしてくれるだろう。

まるで自分には関係ないと言わんばかりに

知らん顔の

頬被りを決め込んでいたら

巨大津波に襲われ、

集中豪雨の洪水に襲われ

巨大台風に襲われ

怪我をし

命を失くし

住む家まで失くしてしまった。


この母なる青い地球には

現在80億ちかい人間が住んでいるというのに

その大部分を為す大人たちは

無責任を絵に描いたような

知らん顔


たった一人

16才の少女が立ち上がって

恥を知らない大人たちに向かって叫んだ。


あなたたちは

空っぽの言葉で、私の夢と子供時代を奪い去った。

私たちは絶望に差し掛かっているのに、

話すことといえば金のことと、永遠の経済成長というおとぎ話だけ。


・・・それでも座視し続けているなら、

あなたたちは悪だ。


少女は国連で

悪魔の大統領(ダミヤン)に接近した時

恐ろしい貌で睨み付けた。





nice!(68)  コメント(14) 

1489 秋の風 [詩・エッセイ]


「秋の風」


一人ぼっちの畑に

陽は登り

夏の名残りを残して照り付ける太陽がいる


鍬を

振り上げ振り下ろし

畑を耕せば

塩辛い汗は潮のごとく押し寄せて来る


小屋の椅子に座ると

流れ落ちる汗に

そよ風が

そっと愛撫する


小鳥たちは耕したばかりの土のなかの虫を啄み

赤トンボは群れて空に舞い

白鷺は羽音を軋ませながら飛んでいる


しばしの至福

しばしの悦楽

老いてもなお生きる歓びを知る

nice!(65)  コメント(20) 

1488 杞憂


「杞憂」


いにしえの

中国の杞の国の人たちは

人が悪い事をすると

天地が崩れ落ちるのではないかと憂いていたそうです


後の人は

そんな事は起こり得るはずがない

それは

杞憂だといって嘲笑っていました



人は知らないのです


この仰ぎ見る

天は

豆腐のように柔らかく


この我が身を支え踏み締めている

大地は

薄い氷のようにとても脆いものなのです


もうその天地は支えきれなくなり

本当に

天地が崩れてしまうのではないかという

その恐ろしさに

怯え 震え 戦きながら生きているのです


後の人は

先住民の土地を奪い

人種差別をして奴隷にして自国に連れ帰り

劣悪な環境に暮らさせ

無差別テロを産みました


そして今は

自国さえ良ければそれでよし

自分さえ良ければそれでよしの風潮が世界に蔓延し

人は飢えに苦しみ

貧富の差は山と谷ほどあり

人の住む環境は破壊され自然災害の猛威に曝され

人は憎しみあい

避難民は増え続け暴動と戦争

今の天地は

地獄よりも地獄的です


無数の愛が支えていた

この天地には

もう支える力が残ってはいないのです

もう崩れるのを待つばかりなのです




nice!(66)  コメント(20) 
前の10件 | -