SSブログ
アフィリエイト収入
前の10件 | -

1512 風になろう [詩・エッセイ]


風になろう


風になって

自分の中に潜んでいる

澱んだ汚いものを

吹き飛ばそう


風になって

心の傷を癒しながら

自由に

奔放になって

本当の自分を探す旅に出よう


もう

後悔したり

怒ったり

悲しんだり

嘆いたりするのは

止めて


新しい風になって

新しい自分を創ろう


ただ前を見つめる

風になって

nice!(49)  コメント(12) 

1511 赤い雲 [詩・エッセイ]


これは阪神淡路大震災のあった直後、

五十歳になって生まれて初めて書いた詩文らしきものです。



「赤い雲」


まだ仄暗い夜明け前

その空には

雲が赤く妖しく光っていた


安住の地と思いし

神の戸で

平成七年一月十七日午前四時四十六分

天魔が嗤った


大地は裂け

紅蓮の炎は天を焦がし

人々は阿鼻叫喚の地獄絵を見た


崩れた我が家に挟まれた老いた父

必死の形相で助けようとする

妻 娘 息子

容赦なく迫りくる炎

「早く逃げろ早く わしの分まで生きてくれ」と父

「父ちゃんゴメン 許して 許して」と妻

泣き叫ぶ娘と息子


その聲の中を悪魔の炎が襲った

成すすべもなく

ただ茫然と立ち竦む


ああ神や仏よ

貴方はこの世におわすのか

貴方は衆生すべての人を救済されるのが

生業であるのに

罪もなき善良なる人々が

圧し潰され

生きたまま焼かれるのを

ただ黙って

見ておられしか

神や仏よ

nice!(54)  コメント(12) 

1510 妹のため息 [詩・エッセイ]


「妹のため息」


おばあちゃんが

小学校一年生になったばかりの孫にたずねました


「お勉強は好きですか?」

「それがねぇ、おばあちゃん、

出来んのよ、この子は。

ちっとも勉強をしないの」

傍にいた

三歳になる妹が

ため息をつきながら小姑のように答えました


「この子は夜になると

一人でオシッコにもいけないのよ。

いつも私が付いて行くの。

私がいなくなると、

早く来てオシッコが出ないって大きな声で泣くのよ。

本当に困った子なの、おばあちゃん」


妹の美菜ちゃんは

お兄ちゃんの手を握りしめながら

睨みました





nice!(55)  コメント(10) 

1509 風の色 [詩・エッセイ]


「風の色」


春は

若草の萌える色の 青

夏は

咲き乱れる花の色の 朱

秋は

透き通った高い空にある薄い雲の色の 白

冬は

奥深く明りの及ばぬ処の色の 玄


遥か古の

万葉の歌詠み人たちは

風に色を見たという


きらめく陽光に草木のざわめきに

自然のありのままの風景の中に

長閑なぬくもりに安らぎを見つけ

荒ぶる雨に 雪に 雷に わななきながら

吹き荒ぶ吹雪に 嵐に おののきながら

折々の季節の中に

風の色を見たという


移り行く美しい風景の中に

光と影が去り行く中に

風の色を見たという


nice!(65)  コメント(16) 

1508 月見草 [詩・エッセイ]


「月見草」


暗闇に

月の光を浴びて

艶然と微笑む

月見草


陽が落ちて

暗くなりはじめると

項垂れていた

皴皴の蕾がほどけて

ぷつぷつぷつと音をたてながら

見る見るうちに花になる


その黄色い可憐な姿は

薄倖の佳人のように

憂いを秘めて立っている


父の好きだった

月見草

幼いときに死んだ父

あれから半世紀もとっくの昔に過ぎてしまい

父は私より

遥か年下になってしまった

nice!(62)  コメント(16) 

1507 夕立 [詩・エッセイ]


「夕立」


轟く雷鳴に草木は揺れ

囲炉裏の鍋が引っくり返って

灰神楽が立ったような大雨だった


そんな夕立が街を通り過ぎると

街の汚れは綺麗さっぱり洗い流され

清々しい街になって帰って来た

古い建屋も新しい住居も

路地裏の植木や盆栽も

街路樹の青々と茂った葉っぱからも

水滴がしたたり落ちて

風に光る


雨上がりの空は茜色

夕暮れの街を赤く染めて行く

濡れた歩道に

水溜りに

街をとおる風にも

嫋やかなる色をつけて

nice!(58)  コメント(15) 

1506メタセコイヤ [詩・エッセイ]


「メタセコイヤ」


メタセコイヤの木立は

美しい

空に向かって真っ直ぐ立ちながら

わきめもふらず

天まで登ろうとしている


春になると

緑あざやかな衣装をまとい

颯爽として

凛々しい

若武者になる


秋になると

衣の色を

枯れ草色に染めて

古武士の風格となり

やがて落葉する


メタセコイヤの木立は

美しい

遥か遠い異国より来たりて

逞しく生きる



nice!(63)  コメント(14) 

1505 そよ風の道 [詩・エッセイ]


「そよ風の道」


わたしの体の内と外で蝉の声がする

カンカン照りの陽の下で

汗だくになって野良仕事をして

山小屋の壊れかけた椅子に座ると

何処からともなく

そよ風が吹いて来る

まるで岩清水のような涼しさだ


だれの目にも見えない

そよ風は

何処から吹いて来るのだろう


大地に

人が造った道があるように

きっと

そよ風にも

風が作った

風の道があるのだろう









nice!(67)  コメント(18) 

1504 バスタブの水草 [詩・エッセイ]


「バスタブの水草」

DSC_2565s.JPG

PCの具合が悪くてご無沙汰をしてしまいました。


このバスタブの水は農業用水として使っていますが、

その中に生えている水草は水の浄化用に入れたものです。

このバスタブは3つあるのですが、

あとの2つの水草は日当たりの良い順番に消滅してしまい、

隆盛を誇って残っているのはこのバスタブ1つになってしまいました。


人間でもそうなんですが、

生き物にとって、

如何に環境が大切であるかを教えてくれる現象だと思いました。








nice!(65)  コメント(8) 

1503 「童話・ゴリラの王様」発売中 [詩・エッセイ]


幼い子どもさんから大人まで誰でも読める総ルビフリガナ付きです。

新刊案内

「童話・ゴリラの王様」発売中

img001s.jpg

出版社倒産などで一頓挫がありましたが

「童話・ゴリラの王様」が12年ぶりに復刊しました。

幼い子どもさんから大人まで読むことのできる

総ルビフリガナ付きです。


これからの日本、

これからの世界を背負う大勢の子どもたちに

是非読んで欲しいと願っております。

nice!(63)  コメント(12) 
前の10件 | -